はぐるま堂へ症状などのご相談はこちらへ

当院は公式ラインにて症状のご相談などを受け付けています。
わからないことがあればお気軽にご相談ください。

ホームへ戻る

右手のしびれ 30代後半 飲食業

30代後半、男性
右腕のしびれ(手のひら全体)のしびれがあり、ヘルニアと診断された


飲食業をしていて、手のしびれがひどくなった
肩こりなども強くマッサージには良く通っている
ヘルニアがあると医者からは告げられたが、頚椎を引っ張っても改善しなかった

こういったケースで多いのは、ヘルニア自体が悪さをしているわけではなく 肩こりのほうがしびれの原因になっているケースが多いです

特に「胸郭出口症候群」という症状に似た状態の方が多かったです

鎖骨付近の骨の異常だと手が出ませんが、鎖骨の周りの筋肉が原因であれば手が出ます

肩こりの強い方の場合 、首の近くの神経の出口が邪魔されるために手のひら、もしくは肘下くらいから腕まで、または上腕付近にしびれが出る傾向があります

なので 首回りや肩回りのマッサージや、そのもうちょっと奥の方の筋肉をほぐす技術さえあれば、神経の負担を軽くし回復させることができます

問題なのはしびれている期間です
できるだけしびれている期間は短い時間がいいです

長年我慢していた場合はしびれが抜けにくい場合が多いです

ただし、今までの経験上、軽減は多かれ少なかれするようです​

めちゃくちゃあっさり書いたので補足です

胸郭出口症候群とは

この赤丸のところで圧迫されたりして手のしびれが出ることを言います

骨とかで圧迫されてたりするのが本家ですが、重度の肩こりでもかなり似た症状になります

一応書いておきますが
頚椎ヘルニアや脳からのしびれではないケースについて書いています

しびれる場所も違うのですが、このケースは徒手検査で結構はっきりわかります

人によっては腕立てする際に手がしびれたりする場合もあります。

こういった症状の場合はご相談くださいね

はぐるまコラムへ戻る

コメント

タイトルとURLをコピーしました