テニス肘とゴルフ肘は、どちらも名称があります。

テニス肘の場合は
肘の内側、外側、肘側という分類になります。

外側:外側上顆炎
内側:内側上顆炎
裏側(肘側):上腕三頭筋炎

という呼ばれ方をしています。

ゴルフ肘の場合も同じですが、ゴルフの場合は練習量の多さだけではなく「ダフる」ということで、炎症が起こることがあります。

当院のゴルフ肘やテニス肘への施術は、炎症しているところではなく円回内筋や腕橈骨筋を狙って施術しています。

腱の部分では炎症が起きていますが、炎症が起こる原因は筋肉の連動を伝えにくくなることだと考えております。

そのため当院では
まず前腕部分の使いすぎた筋肉のマッサージをしてしっかりとほぐしていきます。

 

筋肉の動きが戻らないうちは、腱の炎症がなかなか引いてくれません。

炎症だけ抑えようとしてもなかなか治まらず、良くなってきたかな?というタイミングでテニスやゴルフをすると、また痛みが出てしまいます。

そこで筋肉の動きをもとに戻しておくことで腱に負担がかかりにくくする必要があるのです。

当院ではテーピングも行っております。
左巻きと右巻きがありますが、どちらがいいのかは個人差と使い方の違いで変わるようです。

こういった施術方法で当院は施術しております。
ひどく痛んでゴルフやテニスをやりたくならないように、あまり我慢せずご相談ください。
ライン@やお電話にてご相談いただけます。